LINK&M<2170>

人材関連の一角として注目。6月20日高値890円をピークに調整が続いていたが、700円処で下げ渋るなか、昨日の大幅上昇で75日線を突破してきている。一目均衡表では雲下限のほか、転換線を突破してきており、リバウンドを意識したスタンスになろう。



リコー<7752>

足元でやや調整をみせているが、緩やかに上昇する25日線が支持線として機能しており、自律反発狙いのタイミングとして意識されやすいだろう。パラボリックはSAR値が963円辺りに位置しており、これにタッチせずに切り返すようだと、陽転シグナルが継続。一目均衡表では基準線が支持線として意識されている。遅行スパンは実線を割り込みつつあるが、実線がさがってくることで、シグナル好転は早そうだ。