■今後の見通し



1. 2018年3月期の業績見通し

ビジネス・ブレークスルー<2464>の2018年3月期の連結業績は、売上高が前期比12.5%増の5,536百万円、営業利益が同20.8%増の407百万円、経常利益が同17.3%増の406百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同20.9%増の274百万円と2ケタ増収増益となる見通し。プラットフォームサービス事業の2ケタ成長が続くほか、マネジメント教育サービス事業についても法人向けの売上拡大により、今期は増収増益を見込んでいる。経営コンテンツメディアサービス事業やその他の事業については前期比横ばい水準を前提としている。また、プラットフォームサービス事業については、幼児教育拠点であるプリスクール等を新設した場合の先行投資、関連費用を計画に織り込んでいるようである。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)