ブロードリーフ<3673>は20日、最近の業績動向を踏まえ、2月14日に公表した2017年12月期第2四半期累計期間(2017年1月1日 〜6月30日)の連結業績予想を修正したと発表。



売上収益は2.2%減の79.20億円、営業利益は51.7%増の9.10億円、税引前利益は50.0%増の9.0億円、親会社の所有者に帰属する四半期利益は41.0%増の5.50億円、基本的1株当たり四半期利益は40.9%増の12.41円となった。



売上収益はシステム販売分野において当初計画を若干下回ったものの、コストコントロールを継続的に行ったことにより、利益面においては計画を上回る見込みとなり修正することとなった。