イー・ガーディアン<6050>は19日、ゲーム業界に特化したチャットボットソリューション「G-Bot」の提供を開始した発表。



「G-Bot」は「AIと人」それぞれの特徴を理解し組み合わせ、ゲームプレイヤー目線での様々なコミュニケーションチャネルに対応したサポートを行う。ゲーム会社が有するプレイヤーの購入履歴やユーザーログなどの情報とデータべースとの連携や、これまでの運用実績を活用することで、品質・効率化両軸を高水準で満たしたサービス提供を実現するとのこと。



同社はスマートフォンアプリやオンラインゲームを中心に600タイトル以上のカスタマーサポート実績を有しており、アプリ・ゲーム業界のカスタマーサポートやデバッグサービスを行う総合ネットセキュリティ企業として様々なサービス提供を行う。