■ナガイレーベン<7447>の業績動向



(2) 財務状況

財務状況は引き続き安定している。2017年8月期第3四半期末の資産合計は40,067百万円となり、前期末に比べ1,210百万円増加した。流動資産は31,406百万円となり同2,323百万円増加したが、主な要因は現金及び預金の増加416百万円、受取手形及び売掛金の増加2,009百万円、たな卸資産の減少239百万円など。同社にとって第3四半期は繁忙期であるため、売掛金が増加したな卸資産が減少するのは通常のパターンである。増加した受取手形・売掛金は、第4四半期には回収されるはずである。一方で固定資産は8,661百万円となり、同1,112百万円減少したが主に長期預金の流動資産への振替に伴う投資その他資産の減少956百万円による。



負債合計は4,202百万円となり、前期末に比べ152百万円減少した。主な要因は、未払法人税等の減少315百万円など。純資産合計は35,865百万円となり、同1,363百万円増加した。主な要因は、四半期純利益の計上に伴う利益剰余金の増加1,352百万円など。この結果、2017年8月期第3四半期末の自己資本比率は、前期末に比べて0.7ポイントアップして89.5%となった。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)