<3934> ベネフィットJ 999 +51

一時1035円まで急伸。18年3月期の期末配当予想を従来の無配から1株当たり8.00円に修正している。事業展開及び経営基盤強化を踏まえたうえで初配を実施する。今後についても、内部留保の充実を図りつつ、各事業年度の経営成績及び財政状態を総合的に勘案しながら株主への利益還元を検討していく方針としている。



<2121> ミクシィ 6280 +40

続伸。一時6570円まで上昇した。同社のXFLAGスタジオがスマートフォン向けゲーム「モンスターストライク(モンスト)」の中国版「怪物弾珠」を、超旗社と協業して近日中に提供開始すると発表している。中国におけるモンストのマーチャンダイジングやコミカライズなどメディアミックス展開については、Visionchina Connected社を通じて実施する。モンストはこれまで日本をはじめ台湾・香港・マカオなどで提供されている。



<6195> ホープ 1778 +300

ストップ高比例配分。コロプラ<3668>と販売パートナー契約を締結し、自治体へ向け「Location Trends(位置情報ビッグデータ分析レポート)」及び「インバウンド動態調査レポート」の販売業務を開始することになったと発表している。観光客の動きを「見える化」することで、観光エリアの特徴・課題を俯瞰して把握し、性別・年齢層別の分析等を行う。自治体はターゲットごとに具体的なアクションプランの立案・実行、施策検証が可能となる。



<3930> はてな 2625 +384

後場に一時ストップ高まで急伸。任天堂<7974>が本日発売したNintendo Switchソフト「スプラトゥーン2」のゲーム連動サービス「イカリング2」を共同開発したと発表している。任天堂と同社による共同開発事例は3例目となる。「イカリング2」により、「スプラトゥーン2」と連動した対戦成績の閲覧やソーシャルシェア、ゲーム情報のチェック、ゲーム内アイテムの入手などが可能になるという。



<7810> クロスフォー 1381 +300

ストップ高。7月20日にジャスダック市場へ新規上場し、公開価格730円を44.0%上回る1051円で初値を付けた。その後、初値をやや上回る1081円で初日の取引を終えていたが、上場2日目の本日はストップ高まで買われた。みずほ証券では、独創的な発想で開発したオンリーワン技術を利用した、オリジナリティーに富んだ製品を企画・開発するジュエリー業界のイノベーター企業と紹介している。



<3390> INEST 137 -5

一時129円まで下落も下げ渋る。東証が信用取引に関する臨時措置を実施している。本日売買分から委託保証金率が50%以上(うち現金20%以上)とされている。また、日証金も貸借取引自己取引分及び非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る貸借担保金率を30%から50%(同20%)とした。同社株価は6月下旬から動意を見せ、7月19日には年初来高値153円を付ける場面があった。



<6047> Gunosy 2840 +213

大幅に4日続伸し上場来高値更新。三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)がレーティング「Overweight」を継続し、目標株価を従来の2800円から3300円に引き上げている。18年5月期と19年5月期の業績予想を上方修正しており、18年5月期営業利益は会社計画22.06億円を上回る23.90億円(前期比57.5%高)とみている。テクノロジーを強みとするアプリ運営事業者として評価しているという。