レカム<3323>は19日、内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同し、女性社員のさらなる活躍の推進を加速していくことを表明した。



同社グループは、社是の1つに「実力主義」を掲げている。男性社員・女性社員の区別なく平等にチャンスを与え、成果を上げた社員を公平に評価することで、人材の育成と登用を行ってきた。2017年7月1日時点では、グループ全体の女性社員の比率は43.0%、管理職では21.7%を占めており、グループ各社の常勤役員では15名のうち2名が女性役員となっている。今後、さらに本格的な少子高齢化時代を迎えるなかで、企業が成長力を維持・強化していくために、これまでと同様に女性社員を男性社員と分け隔てなく育成を行い、活躍の機会を与えることを目指すとのこと。