※この業績予想は2017年7月18日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



ダイヤモンド電機<6895>



3ヶ月後

予想株価

460円



国内初の自動車用点火コイルメーカー。自動車機器事業、電子機器事業を展開。太陽光発電用パワーコンディショナ等も手掛ける。22.3期売上高1000億円以上目標。独禁法関連損失は減少。17.3期は最終黒字転換。



省エネ新製品の開発に注力。自動車機器事業は海外向け好調続く。18.3期は増収見通し。1ドル105円想定。利益面は開発投資響く。株価は割安感の強い水準だが、業績懸念が重し。当面の株価は横ばい推移継続か。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3期連/F予/60,880/685/560/385/42.08/0.00

19.3期連/F予/62,500/1,350/1,200/600/65.58/0.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/18

執筆者:YK