※この業績予想は2017年7月18日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



大谷工業<5939>



3ヶ月後

予想株価

380円



配電・通信線用の架線金物、鉄塔・鉄構が主力。開発・設計から製造まで手掛ける一貫体制が強み。電力通信部門は架線金物が需要低調だが、建材部門は売上堅調。投資有価証券売却益を計上。17.3期は最終増益。



電力通信部門は採算管理徹底。鉄塔・鉄構、架線金物は受注残高が増加。18.3期は増収を見込む。東京五輪向けなどで需要増。今期業績計画が株価の上値抑制要因。株価指標も妥当水準で、株価はもち合い継続か。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3期単/F予/5,950/290/290/220/250.00/30.00

19.3期単/F予/6,050/310/310/240/272.73/30.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/18

執筆者:YK