ブライトパス・バイオ<4594>は20日、同社ががんペプチドワクチンとして開発を進めるペプチドに関して、CTLのがん細胞に対する免疫反応を誘導する発明についての特許出願がカナダ特許庁より特許査定を受けたと発表。ペプチドが複数の遺伝子型のHLAに結合して免疫反応を誘導することに関する発明のカナダへの出願。日本、欧州に続いての特許査定となる。



がんペプチドワクチンは、体内でペプチドがHLAに結合した状態でCTL等の免疫細胞に認識されることが作用メカニズムの起点となる。このHLAは個々人に固有の遺伝子型があり、地域や人種によっても分布の傾向が異なる。通常、特定の遺伝子型のHLAには特定のペプチドのみが結合するが、中には複数の遺伝子型のHLAに結合するものがある。それらペプチドは、ペプチドワクチンの投与対象患者が拡がる可能性を示している。

カナダで特許査定を受けた特許には、複数の遺伝子型のHLAに結合しうるペプチドが、 複数含まれている。



CTLは、細胞傷害性T細胞で、リンパ球のうちのT細胞の一種。HLAは、ヒト白血球抗原。体のほぼ全ての細胞表面で発現がみられる、免疫機構において重要なタンパク質である。