テックファームホールディングス<3625>は21日、ミライトと業務提携し提供しているホテルや旅館の客室設置型タブレット「ee-TaB*(イータブ・プラス)」に客室オーダー機能を拡充したと発表。



客室オーダー機能は、宿泊者が電話をかける手間を省くととともに、ルームサービスやアメニティ注文の電話着信を削減し、ホテルスタッフの業務効率化が可能となる。今回追加されるレストラン注文機能は、各卓に設置された端末からドリンクの注文が可能になり、混雑時の注文をサポートし、従業員の負担軽減に貢献する。7月21日より宮古島のインギャーコーラルヴィレッジへ導入された。



イータブ・プラスは今後もホテル宿泊客や従業員の利便性を高めるための機能追加を行っていくとしている。