アパマンショップホールディングス<8889>とドキュサイン・ジャパンは24日、同社グループのアパマンショップリーシングが、ドキュサインのデジタル・トランザクション・マネジメントプラットフォームを活用し、膨大な書類のやりとりのペーパレス化を実現すると発表。



これにより、賃貸管理業務総合支援システムAPSとドキュサインを連携、APSから出力される更新の手続き書類や工事関連書類等の文書をデジタル化し、ドキュサインが提供するクラウド上で顧客と契約を締結することが可能になる。