ピクスタ<3416>は24日、同社が運営する出張撮影マッチングサービス「fotowa(フォトワ)」において、ユーザーが撮影条件を提示しフォトグラファーを募集できる「公募依頼」サービスを開始した。



「fotowa」は、撮影してほしい人とフォトグラファーをインターネット上でつなぐ、個人向けの出張撮影マッチングサービス。「指名料なしで自分でフォトグラファーを選べる」点が多くの支持を集めている一方、週平均 20 件ほど「誰を選んだらいいのかわからない」というユーザーからの相談を受けていた。一方で、フォトグラファー側でもユーザーからの指名を待つだけで能動的にアプローチができないとの声が上がっていた。こういった相談・要望の声を背景として、「公募依頼」サービスの開発に至った。



今回のサービス拡充により、ユーザーとフォトグラファーとのスムーズなマッチングがより充実される。また、フォトグラファー側においても、撮影案件に対して、能動的に自身のスキルや撮影スタイルを提案して仕事を獲得することができるようになるなどのメリットがある。



同社では今回のサービス拡充を通じて、年内に月間最大撮影件数1,200 件を目指したいとしている。