ブライトパス・バイオ<4594>は24日、東京大学医科学研究所の中内啓光教授等の研究成果から生まれた、「抗原特異的T細胞の製造方法」が、日本国内において7月19 日付で特許登録になったことを東京大学と共同で発表した。本特許権者は東京大学。実施権者は、同社連結子会社のアドバンスト・イミュノセラピー。



本特許は、特定の抗原だけを攻撃するヒトT細胞(病原体やがんに対する獲得免疫の中心的な役割を果たす細胞)から、iPS 細胞を経て、再分化させて細胞を作り出し、元のヒトT細胞と同じTCR(抗原を認識して結合する分子)遺伝子の再構成パターンを有するT細胞の出現頻度を高くすることが技術的特徴。



近年がん免役細胞療法の一つとして、がん患者自身の血液中のT細胞を加工・培養して投与するT細胞療法の研究開発が進んでいるが、患者の血液から採取した時点、また体外で処理している時点でT細胞が疲弊して機能性が落ちるという問題を抱えていた。この問題に対し、本特許の発明により、一度iPS化を経ることで抗原特異性(多種多様な病原体に対して個別に対応できる能力)を保持したまま「若返った」T細胞の量産が可能となり、より治療効果の高いT細胞療法の創生や、新たながん免疫細胞療法のための製造技術の確立が期待される。



同社は、手術、放射線療法、化学療法に次ぐ、がんの「第4の治療法」としてがん治療の革新をもたらしつつある「がん免疫療法」の開発を行う創薬ベンチャーである。国内と米国で臨床試験を実施中のがんペプチドワクチンをもつほか、抗原特異的T細胞を iPS 化し再生させる新たなT細胞療法、また世界的に新規性の高いアプローチであるネオアンチゲン(腫瘍特異的遺伝子変異抗原)に関わる新薬を開発。2017年7月1日に、「株式会社グリーンペプタイド」から「ブライトパス・バイオ株式会社」に社名を変更している。