フェローテックホールディングス<6890>は真空シールなど半導体装置向け部品のほか、太陽電池用シリコン結晶製造装置などを展開。真空シールでは世界シェアトップを誇る。



IoT・ビッグデータ・AI等の新アプリケーションに沸く半導体市況の恩恵で、半導体製造装置向けマテリアル製品が好調。半導体製造装置向け石英製品、セラミックス製品、CVD-SiC製品やサービス事業の装置洗浄、メタル加工・組立受託が軒並み好調。2018年3月期は中国の杭州、韓国など新工場を建設しており各製品において前期比で3〜5割の生産能力強化を計画。2019年3月期には2017年3月期比で生産能力の倍増する計画。



スマートフォンの高速大容量化や国内外の大手企業による大型サーバーへのインフラ投資が活況なことに加えて、メモリー系-3D-NAND向けの製造装置投資も旺盛。消耗材となるマテリアル製品の需要は中長期的な拡大が見込まれるおり、同社に対する製造装置メーカーや半導体チップメーカーからの生産能力増強要請は当面継続する見通しのようだ。