ネットマーケティング<6175>は、アフィリエイトに特化した広告事業での安定成長に加え、Facebookを活用した安心・安全な出会いを提供する「Omiai」を中期的な成長ドライバーとして運営している。



米国では、夫婦の35%がオンラインで出会い、そのうち45%がオンラインマッチングサービスを利用していた。一方、日本ではまだオンラインマッチングサービスを使用することは、まだまだ主流ではないが増加傾向にあり、その伸びしろが期待されている。日本の民間調査会社によると、国内オンラインマッチングウェブサイトの市場は、2012年に13億円だったものが2022年には577億円と急成長すると見込まれている。



26日付けで海外証券会社によるレポートが発行されるなど、オンラインマッチング市場の参入企業の中でも注目が集まるとみられる。