ガイアックス<3775>は25日、同社の完全子会社であるアディッシュ(本社:東京都品川区)と共同で、シェアリングエコノミーサービスを提供する事業者に対し、安全性・信頼性を担保するため「シェアリングエコノミー認定制度取得申請支援 シェアサービス構築・運用サービス」を提供すると発表した。



シェアサービスは、個人間での取引形態が中心であるため、サービス利用者の安全性・信頼性をいかに担保するかが課題であった。25日、一般社団法人シェアリングエコノミー協会が、サービスの安全性を担保するために制定した自主ルールへ適合した事業者を認証したのにあわせ、ガイアックスグループでは、当自主ルールが定める基準を満たすことのできる一気通貫のパッケージ提供を発表した。自社でのシェアサービス事業の運営や他社への出資を通じてノウハウを蓄積し、シェアサービス構築、本人確認、本人確認作業代行というサービス開始および運営に必須な要素を提供する。



ガイアックスでは、今後もシェアサービス構築・運営上の課題を解決するためのインフラ提供を行い、シェアサービスの安全性・信頼性の向上および市場拡大への貢献を目指したいとしている。