任天堂<7974>は大幅続伸。前日に第1四半期の決算を発表している。営業損益は162億円の黒字となり、前年同期51億円の赤字からは大きく改善、70億円程度であった市場コンセンサスも大きく上回っている。「スイッチ」の好調推移、スマホゲーム「ファイアーエムブレムヒーローズ」などの寄与が背景。任天堂ゲームソフトへの強い需要が確認される格好となり、今後需要期を迎える通期業績のコンセンサスの切り上がりにもつながる形へ。