銘柄名<コード>⇒27日終値⇒前日比



KOA<6999> 1978 -104

引き続き第1四半期決算発表での出尽くし感で。



ベクトル<6058> 1638 -73

国内証券で投資判断格下げ観測も。



LINK&M<2170> 758 -50

戻りの鈍さを嫌気して手仕舞い売りも。



enish<3667> 2390 -210

27日決算発表を控えているが。



北の達人<2930> 1189 -65

上値追いの勢い鈍化で見切り売りが優勢に。



稲葉製作所<3421> 1380 -55

配当権利落ちで手仕舞い売りが優勢に。



ツガミ<6101> 886 -45

好業績観測伝わるが目先の出尽くし感が先行で。



日本駐車場開発<2353> 164 -5

期末権利落ちで手仕舞い売り。



タカキュー<8166> 216 -17

前日は目立った材料ないまま急伸で。



芦森工業<3526> 371 -15

タカタが27日付けで上場廃止も出尽くし感。



三菱UFJ<8306> 708.1 -3.5

米長期金利低下で銀行株は軟化へ。



ジャパンディスプレイ<6740> 201 -2

銀行に1000億円支援要請と伝わるが形態なども不透明で。



アドバンテスト<6857> 2177 +54

4-6月期は大幅減益も受注は計画を上振れ。



宇部興産<4208> 302 -5

ジェフリーズ証券では投資判断を格下げ。



SUMCO<3436> 1878 +49

信越化学の好業績発表以降は期待感が波及。



日本電産<6594> 12230 +605

4-6月期は市場予想を上回る好決算となる。



エムスリー<2413> 3070 -45

好決算発表も業績期待は従来から高く。



LINE<3938> 3985 +140

パフォーマンス広告の好調などを評価も。



杉村倉庫<9307> 424 +80

26日も一時急伸、カジノ・万博関連として物色か。



コスモス電<6772> 312 +29

5月の戻り高値更新で値幅取り妙味も高まる。



黒田精工<7726> 440 +13

リチウムイオン電池関連の一角として関心が続く。



フジオーゼックス<7299> 528 +44

通期業績予想を上方修正へ。



ピクセラ<6731> 244 +5

関西テレビとVRで協業などと伝わる。



ラクトJPN<3139> 4605 +385

業績上振れ期待などで足元は強い動きが継続。



FDK<6955> 157 +7

第1四半期の赤字幅縮小を好感。



アルメディオ<7859> 298 -19

中国新事業期待で人気化の反動。



UTグループ<2146> 1955 -107

26日に17年4-6月期業績観測が報じられている。



ユニネク<3566> 8090 +1080

値動きの軽い直近IPO銘柄として資金流入続く。



メディア<3815> 647 +28

中国のVR端末開発企業と販売総代理店業務に関し提携。



ソシャルワイヤ<3929> 1988 +400

ソフトバンク・ペイメント・サービスと業務提携。



アカツキ<3932> 9210 +740

JPモルガン証券が投資判断「Overweight」でカバレッジ開始。



田中化研<4080> 1250 +140

EVシフト加速との報道でリチウムイオン電池関連物色続く。



ブロメディア<4347> 152 +35

投資先ポケットがVR専用アプリ「ホームスターVR」発表。



ツナグS<6551> 6140 -560

レオスの大量保有報告書提出で26日に高値更新した反動。



栄電子<7567> 442 +80

加賀電子<8154>による株式取得への思惑も。



岡藤HD<8705> 166 +18

前日に25日線を上抜け短期資金集める。