日産自<7201>は大幅反落。第1四半期決算内容がマイナス視されている。営業利益は1533億円で前年同期比13%減益、市場予想は150億円程度下振れたものとみられる。カルソニック非連結化の影響を考慮しても減益となった格好。米国での販売奨励金の増加、原材料の上昇などが響いた。収益柱の米国の減速をネガティブ視する見方が多いようだ。為替相場の先行き不透明感も強いなか、手仕舞い売りのきっかけにつながる。