ダイトケミクス<4366>はストップ高買い気配。前日の決算発表銘柄の中でも、ポジティブなインパクトが極めて強かった銘柄の1つと評価されている。第1四半期営業利益は4.6億円で前年同期比24%増益、上半期計画2.5億円、同60%減益を大きく超過する形に。また、通期計画6.5億円に対する進捗率も71%にまで達している。主力の化成品事業の収益が拡大した。PBRは0.5倍台の水準に過ぎず、好決算を映して大幅な水準訂正期待なども高まる形に。