以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家スマイルマン氏(ブログ「脱サラSの急騰銘柄監視日記」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



----



※2017年7月26日17時に執筆



株ブログ『脱サラSの急騰銘柄監視日記』を執筆しているスマイルマンといいます。



今週はいよいよ始まる決算ラッシュを前に仕込んでおきたい好決算への期待が高い3銘柄をご紹介したいと思います。



大泉製作所<6618>



サーミスタ半導体、各種温度センサーの製造や販売等を展開している会社になります。自動車やエアコンが主要分野です。



同社は8月10日に第1四半期の決算発表を予定しています。同社は光海底ケーブル関連として物色されやすく、直近報道されることが増えている電気自動車関連としても個人的に注目している銘柄です。同社が手掛ける自動車用温度センサーは世界第2位のシェアを誇る製品となっています。



自動車の高性能化に伴い、同社の温度センサーがあらゆる部品に使用されており、電気自動車の普及で大きく恩恵を受けるとみています。指標面を見ても割高感が無いことから上昇余地は大きいとみており、注目している銘柄になります。



パピレス<3641>



電子書籍販売サイト「パピレス」や電子書籍レンタルサイト「レンタ!」等を手掛けている会社になります。



同社は8月10日に第1四半期の決算発表を予定しています。電子書籍は年々市場規模が拡大していることから、同社もその恩恵を受け業績は拡大基調になりやすいとみています。



当然競争も激化していますが、同社は新しいコンセプトの電子書店を新たにオープンしたこと、海外向けの直営サイト展開、次世代ブックの開発等しっかりと次なる収益源の育成に手を打っていることから、大きな減速は起きないとみています。大株主2位に著名個人投資家である片山晃氏が入っていることも買い安心感につながるでしょう。



トレンダーズ<6069>



ソーシャルメディアマーケティング事業や女性のためのライフスタイル支援メディア事業を展開している会社になります。女性向けランキングメディアなど新規事業も推進中です。



同社は8月14日に第1四半期の決算発表を予定しています。同社はアドテクノロジーを活用したニュース配信サービス「mitayo.」の売上高が急速に増加していることに加え、インスタグラム関連サービスが順調に成長していることから好調な業績が予想されます。



インスタグラムは世界中で利用が拡大しており、2017年4月には月間アクティブユーザー数が7億人を突破しました。また日本においても2016年12月時点でユーザー数は1年半で倍増となる1600万人に急成長しており、これも同社の業績の追い風となるでしょう。



----



執筆者名:スマイルマン

ブログ名:脱サラSの急騰銘柄監視日記