■株主還元策



ジェネレーション・パス<3195>では、マザーズ市場においては成長投資優先で、当面は配当を行わない方針である。前述のように、2020年10月期には連結売上高500億円という遠大な目標を掲げており、この目標達成が見えてくれば1部上場及び配当実施も実現は近いものと考える。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田 秀樹)