銘柄名<コード>⇒28日終値⇒前日比



バリューコマース<2491> 728 -69

決算評価で27日に大幅上昇の反動も。



TSテック<7313> 3270 -200

決算期待で27日に上昇の反動。



東エレク<8035> 15705 -1210

好決算発表もほぼ期待値通りの水準で。



岡三証券グループ<8609>690 -51

第1四半期は経常減益での着地となり。



スクリーンHD<7735> 7390 -490

東京エレクが好決算発表後に下落で。



VOYAGE<3688> 2159 -181

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き下げ。



池上通信機<6771> 162 -10

第1四半期は営業赤字継続決算で。



オルトプラス<3672> 1085 -91

値動き鈍く処分売りが優勢にも。



サンケン電気<6707> 572 -28

新規材料は観測されないがグループ再編引き続きマイナス視も。



ニチユ三菱<7105> 855 -49

27日まで大きく上昇の反動も。



アルプス電<6770> 3100 -150

第1四半期決算は市場予想を下振れ。



富士電機<6504> 614 -37

上半期業績上方修正も出尽くし感が優勢に。



日産自動車<7201> 1107.5 -47.5

市場予想下振れの決算発表、米国市場が伸び悩み。



大和証G<8601> 642.0 -34.6

第1四半期はホールセール利益が下振れ。



富士通<6702> 806.2 -36.5

想定外の損失計上などをマイナス視か。



新日本理化<4406> 232 -9

短期的な過熱感強く週末要因で手仕舞い売り。



任天堂<7974> 37460 -1030

好決算発表受けて27日に大幅高となった反動。



キーエンス<6861> 51340 -160

好決算発表も市場には織り込み済みで。



花王<4452> 6803 -25

上半期決算は想定線で出尽くし感。



HOYA<7741> 6228 +176

引き続き好業績や自社株買いを評価。



NTTドコモ<9437> 2560.5 -21.5

4-6月期は想定通りの減益決算に。



ダイトケミクス<4366> 623 +100

第1四半期は好進捗でポジティブサプライズ。



ピーエイ<4766> 296 +80

特に材料見当たらないが時折急動意しやすい銘柄で。



アルメディオ<7859> 269 -29

一昨日の長い上ヒゲ重しに。



EAJ<6063> 1263 -106

業績予想の下方修正。



プラマテルズ<2714> 707 +100

17年4-6月期は営業利益2.1倍で着地。



ドリコム<3793> 1501 -400

17年4-9月期営業利益86.3%減益見通し。



テラプロ<6627> 1354 +74

17年4-9月期は営業利益2.1倍の大幅増益見通し。



アカツキ<3932> 9750 +540

引き続きJPモルガン証券の新規強気カバレッジを材料視。



ティーケーピー<3479> 14630 +150

SMBC日興証券による新規強気カバレッジ開始。



GameWith<6552> 3770 +40

直近IPO銘柄として。



プラマテルズ<2714> 707 +100

17年4-6月進捗を好感。



インフォコム<4348> 2560 +403

決算期待で物色向かう。



トレイダーズ<8704> 219 -29

25日線割り込み。