リコー<7752>は大幅反発。先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は189億円で前年同期比74%増、通期計画の180億円を上回る状況となっている。市場コンセンサスは収支均衡水準であった。一過性の売却益計上63億円なども含まれている。構造改革費用の計上が予定されていることや過去の利益水準からみると、収益の上振れも想定内と捉えられるが、構造改革が着実に進んでいることなども評価され、ポジティブな反応が優勢に。