銘柄名<コード>⇒31日終値⇒前日比



日ゼオン<4205> 1383 +138

ランチタイム中に発表された第1四半期決算を買い材料視。



ピクセラ<6731> 265 +26

民泊向けIoTサービスが総務省の事業委託先に。



IRJーHD<6035> 1345 -55

第1四半期決算を嫌気して。



関電工<1942>1180 +38

第1四半期決算を好感。



日本高周波鋼業<5476> 111 +16

第1四半期営業利益は従来の上半期予想を上振れ。



椿本興業<8052> 507 +63

第1四半期大幅増益決算をストレートに好感。



フォスター電機<6794> 2167 +184

第1四半期は5割強の経常増益となる。



TIS<3626> 3335 +270

第1四半期経常利益は3割弱の大幅増益に。



ウシオ電機<6925> 1551 +123

第1四半期の高い業績変化率を好感。



エムティーアイ<9438> 744 +41

先週末発表の決算があく抜けにつながる。



日本ライフライン<7575> 5080 +370

好決算評価で野村證券は目標株価引き上げ。



七十七銀行<8341> 569 +36

先週末に発表の決算を評価の動きへ。



エムアップ<3661> 1930 +283

『乃木坂46』とのコラボアプリの登録者数が好調で。



神戸製鋼所<5406> 1382 +113

上半期業績上方修正で復配も発表。



アサヒHD<5857> 2073 +145

上半期業績予想を上方修正へ。



ダスキン<4665> 2995 +161

第1四半期の収益変化率の高さが好感される。



リコー<7752> 1037 +60

第1四半期営業益は通期計画を上回る着地に。



いすゞ自<7202> 1516 +85.5

業績観測報道伝わるが市場コンセンサスを上振れ。



カプコン<9697> 2737 +142

モバイルのライセンス収入計上などをプラス材料視。



エフ・シー・シー<7296> 2418 +97

中国子会社が広州汽車集団乗用車から新規受注。



新日本無線<6911> 607 -128

第1四半期の経常利益は前年同期比半減に。



アドヴァン<7463> 998 -159

株式売出による需給悪化懸念で。



ソフトブレーン<4779> 434 -64

4-6月期決算は市場の期待値に届かず。



イトーキ<7972> 896 -75

上半期決算発表を受けて出尽くし感が強まる。



GCA<2174> 979 -78

上半期の経常損益は赤字に転落へ。



ソフトバンテク<4726> 1770 -211

第1四半期の大幅減益決算をマイナス視。



コニカミノルタ<4902> 914 -89

第1四半期は実質的にコンセンサス下振れの内容に。



沖電気工業<6703> 1512 -172

第1四半期は営業赤字で着地となり。



北越工業<6364> 960 -114

先週末場中に発表した決算が引き続き嫌気される。



新日本理化<4406> 209 -23

天井到達感も強まり処分売り優勢に。