夢展望<3185>は31日、フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区)と、AIの活用、マルチビッグデータの統合・活用技術を目的としたマーケティングトランスフォーメーションに関する協業を開始したと発表。最先端のアパレルEC基盤の構築と成功事例の創出を目的としている。



今回の協業により、AIを活用した施策の最適化による販売機会の最大オペレーションの自動化による経営効率の向上、EC分野における最適なプロモーション・マーケティング施策が実行可能な基盤を構築し、当社が蓄積する全てのデータを最大限に活用した顧客の潜在ニーズに応えるマーケティング施策の開発を目指すとしている。



7月14日には、Yahoo! JAPANグループのシナジーマーケティング(本社:大阪市)と、AI・ビッグデータ技術を活用した最先端マーケティング技術の開発を目的とした共同研究に関する協業を開始しており、ECプラットフォームの強化を着実に進めている模様。



また、親会社のRIZAPグループ<2928>との間で、ECプラットフォームのプランニング等に関する業務委託契約を締結するなど、RIZAPグループ各社のEC化も推進し、ノウハウ・データの蓄積により、マーケティング力・商品力の強化、販売機会の拡大および収益性の向上にもつなげて行く方針だ。