パナソニック<6752>は売り優勢。前日に第1四半期決算を発表したが、インパクトは乏しく中立要因との見方が多くなっている。営業利益は839億円で前年同期比16.9%増益、825億円レベルの市場予想とほぼ同水準になっている。AISセグメントなどが想定以上に好調であったが、原材料費上昇の影響を受けたもよう。なお、焦点となっているテスラ向け二次電池だが、会社側では順調に進捗しているとコメントしているもよう。