■業績動向



3. 財務状況と経営指標

明光ネットワークジャパン<4668>の2017年8月期第3四半期末の財務状況は、総資産が前期末比1,087百万円増加の18,057百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では売掛金が300百万円減少した一方で、明光ビルの売却(売却額1,300百万円)等により現預金が2,026百万円増加した。また、固定資産では投資有価証券が株価の上昇を主因に325百万円増加した一方で、明光ビルの売却に伴い投資不動産が721百万円減少した。



負債合計は前期末比455百万円増加の4,215百万円となった。このうち、流動負債で未払法人税等が436百万円増加したことが主因となっている。また、純資産は前期末比632百万円増加の13,841百万円となった。利益剰余金が422百万円増加したほか、その他有価証券評価差額金が194百万円増加したことによる。



経営指標を見ると、負債の増加により自己資本比率は前期末の77.4%から76.2%と若干低下したが、引き続き高水準を維持していることに変わりはなく、また有利子負債比率も0.5%と実質無借金経営を維持しており、財務内容は良好な状態が続いていると判断される。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)