■株主還元



株主に対する利益還元については、じげん<3679>は成長過程にあるため、配当による利益還元よりも内部留保の充実を図り、事業の効率化と事業拡大のための投資に充当することの方が、株主に対する最大の利益還元につながると考えている。このため、創業以来配当は実施しておらず、今後においても、経営体質強化、事業拡大のための内部留保を確保することを基本方針としている。今後は個人投資家向けのIR活動を重視していく予定である。



また、M&Aに対する成長投資が自社株買いによる株主還元を超過するリターンを挙げており、当面は成長投資による株主価値の最大化を目指す方針にしている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 福田 徹)