銘柄名<コード>⇒2日終値⇒前日比



日本ユニシス<8056> 1757 -75

開発の受注は引き続き伸び悩み傾向で。



ニチレイ<2871> 2916 -114

利益率はやや物足りないとの見方にも。



ニチユ三菱<7105> 772 -35

直近では国内中堅証券の投資判断格下げも。



大塚商会<4768> 6900 -330

第1四半期の実績から上半期好業績は織り込み済み。



帝人<3401> 2177 -98

1日の決算後の上昇はやや過剰反応とも。



アシックス<7936> 1930 -88

デサントの決算内容などが警戒視される。



ベクトル<6058> 1511 -25

信用買い方の見切り売り圧力が強まる。



住友電気工業<5802> 1729.0 -51.5

順調な決算だが想定の範囲内にとどまり。



ソニー<6758> 4417 -42

想定上回る決算だが目先の材料出尽くし感が先行。



ソフトバンクG<9984> 8915 +55

スプリントが4-6月期に黒字転換。



三菱UFJ<8306> 716.8 +1.4

第1四半期純利益の進捗率は30%超に。



ホンダ<7267> 3214 +87

想定上振れの決算で野村証券では投資判断を格上げ。



村田製<6981> 17830 +830

米アップルが好決算発表で時間外取引上昇。



KDDI<9433> 2994 +49.5

IoT向け格安通信サービスに参入と。



東ソー<4042> 1159 -22

1日は決算発表後にきつい下げとなったが。



ローム<6963> 8940 +410

決算を受けて野村証券では「バイ」に格上げ。



エムアップ<3661> 1938 -92

2000円台回復でいったんは達成感も。



住友化学<4005> 635 -17

大日住友薬の決算から上振れは織り込み済みか。



パス<3840> 185 +14

中国最大のECモールでオンラインショップをオープンへ。



東邦金属<5781> 152 +8

目立った材料観測されず値頃感から仕掛け的な動きか。



REMIX<3825> 1219 +140

ビットコイン分裂騒動収束期待などで。



アルデプロ<8925> 121 -15

7月期経常損益は赤字転落見通しに。



ASJ<2351> 2333 +400

「RNCDDS」技術が期待材料。25日線大きく下回り値ごろ感も。



アエリア<3758> 2547 -11

1日は上期業績見込み公表で材料出尽くし感から売られたが。



インフォテリ<3853> 1128 +56

協業先ソラコムをKDDI<9433>が買収との報道も。



セプテーニHD<4293> 307 -28

16年10月-17年6月期は営業利益46.6%減で着地。



応用技術<4356> 752 +100

17年12月期の上期業績を上方修正。



アンジェス<4563> 683 +58

重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療薬の臨床研究が進展。



テクノクオーツ<5217> 791 +100

18年3月期の上期業績予想を上方修正。



パートナーAG<6181> 421 -65

1日は18年3月期業績予想の下方修正でストップ安比例配分。



SMN<6185> 2860 +372

業績期待高い。1日までの下落で需給も軽く。



トーイン<7923> 772 +100

17年4-6月期決算を受けて連日のストップ高