NEC<6701>はもみ合い。本日の報道で、リチウムイオン電池事業から撤退すると伝わっている。電極を製造する子会社NECエナジーデバイスを中国の投資ファンドに売却するほか、持分法適用会社のAESC社の持ち分49%も売却するもよう。足元で黒字事業であるほか、今後の成長期待分野ではあるが、撤退に伴う利益への影響額は現時点で限定的であり、同社にとっては必要な構造改革であるとのポジティブな見方もあるようだ。