RIZAPグループ<2928>は3日、セールスフォース・ドットコムと、RIZAP CRM事業基盤(プラットフォーム)の構築に向けて協業を開始し、AI・ビッグデータ技術を活用した新CRMプラットフォームを、2017年9月から本格導入することを発表した。



セールスフォース・ドットコムとの連携により、ビッグデータの分析・活用とAIによるサービスの向上を図ることが狙い。具体的には、顧客の身体変化や食事、サプリメント、トレーニング内容等すべての情報を新CRMプラットフォームに一元集約する。RIZAPグループ全体で管理・運用し、過去の成功事例からボディメイクの成功パターンを創出するなど最高水準のサービス提供に活用する。同時に、トレーナーの業務の最適化を行い、顧客サポートの強化、高品質なサービスの提供により収益拡大とNPS(ネット・プロモーター・スコア)の向上につなげていくとしている。



また、全社共通の新CRMプラットフォームを利用することで、コールセンターから店舗、営業サポート(本社、スーパーバイザーなど)に至るまで会社全体で情報を管理・共有することで、顧客を中心としたチーム接客によるサービス提供を実現する。さらにIoTデバイス、スマホと連動したサポートの実施も行っていく。



同社では、新CRMプラットフォーム導入により、科学的なメソッドと個別トレーニングによる徹底したサポートをさらに推し進め、RIZAPメソッドの更なる進化と、顧客との強固な信頼関係の構築を図っていきたいとしている。