※この業績予想は2017年7月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



カワタ<6292>



3ヶ月後

予想株価

640円



プラスチック成形機周辺装置などプラスチック製品製造機器を手掛ける。デジタル家電業界や自動車業界向けの高機能合理化機器が中心。国内は2Q以降に売上計上される大型案件が多い。18.3期1Qは売上横ばい。



受注残高は増加。中国や東南アジアは汎用品中心に売上増。18.3期通期は2桁増益計画。収益は2Q以降に回復へ。株価は13週線などが下支え。PBRは割安感の強い水準であり、今後の株価は見直し継続の展開を想定。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3期連/F予/17,000/680/590/390/54.09/12.00

19.3期連/F予/17,300/750/660/430/59.64/12.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/30

執筆者:YK