ライオン<4912>は大幅続落。前日に発表した第2四半期決算では、累計営業利益は118億円となり、前年同期比13%の増益となっている。順調な決算であるものの、先の観測報道で伝わった数値を若干下回ったほか、通期計画も据え置かれており、短期的な材料出尽くし感につながっていえるようだ。また、原材料価格の上昇によって4-6月期の増益率が8%に鈍化している点を懸念材料視する声もある。