■今後の見通し



1. 2017年8月期の業績見通し

ヒマラヤ<7514>の2017年8月期の連結業績は、売上高が前期比0.2%減の71,900百万円、営業利益が同40.7%減の583百万円、経常利益が同37.0%減の670百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が160百万円(前期は499百万円の損失)といずれも3月に修正した数値を据え置いている。通期計画を達成するために必要となる第4四半期の業績は、売上高で前年同期比8.8%減の16,499百万円、営業利益で81百万円の損失(前年同期は618百万円の利益)と試算されるが、第3四半期までの状況から判断すると会社計画を上回る可能性が高いと弊社では見ている。



6月の月次売上高が単体ベースで前年同期比1.1%減と店舗数削減の影響を考慮すれば堅調に推移していること、販促費を中心に販管費の削減が想定以上に進んでいることなどが業績の上振れ要因になる。売上総利益率に関してはEC市場拡大に伴う価格競争激化が懸念させるものの、実店舗における販売価格のミスマッチは和らいできており、第4四半期は前年同期比で改善することが期待される。第4四半期に特段の追加費用も予定されていないことから、夏場の天候状況が良好であれば業績は会社計画を上回り、2期ぶりに増収増益に転じるものと予想される。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)