イマジカロボ<6879>は急騰。前日に発表した好決算が買い手掛かりになっている。第1四半期営業損益は6.4億円の黒字で前年同期比6.8億円の収益改善、最終損益は16.4億円で同15.9億円の改善となっている。映像制作サービスや映像システム事業の収益が拡大したほか、前期に発生した販管費の一時費用がなくなったことも業績改善に寄与。株式売却益発生で最終損益は押し上げられている。高進捗率から通期上振れが想定される状況にも。