※この業績予想は2017年7月24日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



日本商業開発<3252>



3ヶ月後

予想株価

1,750円



商業テナントの出店を前提に土地を購入し、事業用定期借地契約締結。土地賃貸収入に加え、土地売却益も狙う。建物を所有しないのが特色。出口戦略として私募リート設立。17.3期は営業益足踏みも会社計画を超過達成。



仕入案件数が順調増。私募リートなどへの土地売却も順調に進む。しかし積極採用や地価上昇で採算が低下。18.3期は過渡期に。のれん益も剥落。ただ会社計画は控え目な印象。配当は維持。目先の株価は横ばいで推移か。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3連/F予/31,100/3,000/2,400/1,700/95.17/55.00

19.3連/F予/35,000/3,600/3,000/2,100/117.56/55.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2017/07/24

執筆者:JK