イード<6038>は4日、2017年2月10日に公表した2017年6月期通期業績予想の修正を発表した。売上高が前回予想比6.4%減の43.99億円、営業利益が同9.0%増の0.87億円、経常利益が同20.4%増の0.90億円、親会社株主に帰属する当期純損益が0億円から4.37億円の赤字としている。



同社の連結子会社である絵本ナビの株式取得時に計上したのれん及び同社が保有する固定資産について、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、各事業の当初の事業計画に対する進捗状況や今後の業績見通し等を踏まえ、当連結会計年度において減損損失3.74億円を特別損失に計上する見込みとなった。



また、当期の単体業績などを踏まえ、税効果会計における会社分類の変更を行い、今後の繰延税金資産の回収可能性について検討した結果、繰延税金資産の一部を取り崩すこととし、その結果、連結および単体の法人税等調整額0.85億円を計上する見込みとしている。