スクエニHD<9684>は大幅続伸。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は128億円で前年同期比43.9%増、市場予想は100億円程度であった。「NieR:Automata」など前期に発売したタイトルのリピート販売の寄与、スマートデバイス向けコンテンツにおける既存タイトルの好調推移、「FINAL FANTASY XV」関連タイトルのロイヤルティの一時収入計上などが好業績の背景。通期計画レンジの中央値に対する進捗率は約47%と非常に高い状況となっている。