シノケングループ<8909>は7日、昨今の働き方改革の気運を鑑み、グループ会社において週休3日制(週4日勤務)を導入すると発表した。



同社では、一人ひとりがワーク・ライフ・バランスを実現する為の「時間の創造」が不可欠と考え、まずは働き手の体力と心のゆとりが同時に求められる介護事業において「週休3日制」の導入を行うという決断に至った。介護を行う側の心のゆとりを生み出すことで、介護を受ける側の安心も生み出し、相互のコミュニケーションの充実による明るい介護現場を生み出すことが重要であると考えているとのこと。



まずは、介護業界での「週休3日制」を成功事例とすることを目指し、グループ内において少しずつ拡大していくことも視野に入れながら、社員一人ひとりのワーク・ライフ・バランスの実現に向けた同社ならではの「働き方改革」を引き続き推進していく考え。