TOKAIホールディングス<3167>は7日、100%子会社であるTOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス「LIBMO(リブモ)」において、4つの新たなオプションサービスを開始したと発表。



「LIBMO」は2017年2月よりTOKAIコミュニケーションズがMVNOとして本格参入した格安SIM/スマホサービスである。 競争力のある価格設定や、同社グループの光インターネットサービスとの組み合わせによるセット割引、業界初の試みとなる月額レンタル方式によるiPhoneの提供など、顧客目線に沿ったサービスを展開してきた。新たなオプションサービスは、同社グループが目指すTLC(トータルライフコンシェルジュ)構想「お客様の快適な生活を総合的にかつきめ細かにサポート」を具現化するサービスであり、「10分かけ放題」、「端末補償」、「安心訪問サポート」、「端末キッティング」 の4つである。ニーズが高い10分間の音声通話がかけ放題になる「10分かけ放題」を利用しても、月額利用料は業界最安値水準となっている。今回のオプションサービスの拡充により、利便性向上とサービスの魅力度向上を図り、さらなる拡販につなげていくとのこと。