■株主還元策



プロパスト<3236>では業績悪化に伴い2009年5月期以降、無配を続けてきたが、ようやく配当を支払えるような状況にまで業績が回復した。2017年5月期の1株当たり予想は2円で、配当性向は11.1%である。同社は、復配したばかりなので、配当原資の10%を目安に安定配当を継続することに注力する方針のようだ。2018年5月期についても年間2円の期末配当を計画しており、配当性向は10.8%になる見通しである。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)