ベルシステム24<6183>は9日、中国、台湾向けの越境ECや増える訪日中国人観光客の需要に合わせ、中国語の対応に特化した専用チームを組織し、「チャイニーズコンタクトセンター」サービスを開始すると発表した。



従来、各地のセンターに分散していた中国語対応機能を10人規模のチームとして福岡に一部集約し、中国語(北京語・簡体字/繁体字)専用のコンタクトセンターサービス「チャイニーズ コンタクトセンター」を開始する。「チャイニーズ コンタクトセンター」では、電話、メール、チャット、SNSでの対応が可能で、店舗来訪者への中国語対応が必要な場合には、店舗来訪者と店舗スタッフの会話を、三者間通話によって同社コミュニケーターが通訳をするといった活用も可能である。



今後は順次規模を拡大し、2020年までに100席規模のサービスを目指していく考え。