ヤマハ発<7272>は年初来高値更新。18年3月期第2四半期の営業利益は前年同期比25.7%増の821億円、同時に17年12月期の通期営業利益見通しを従来の1200億円から1350億円に引き上げている。配当も中間・期末とも従来予想の1株当たり32.50円から39.00円(年間78円、前期は60円)に増額した。コンセンサス(上期が700億円台前半、通期で1280億円程度)を、上期実績、修正後の通期計画ともに上回ったことが好感されている。