ダイヤモンドダイニング<3073>は9日、2017年7月度の月次売上高等前年同月比及び出退店等の店舗状況について発表した。なお、6月1日付で連結子会社化したゼットン<3057>と商業藝術(本社:東京都渋谷区)は含んでいない。



全店前年同月比は、売上高は2.5%増、客数は1.0%増、客単価は1.5%増。既存店前年同月比では、売上高は0.6%増、客数はほぼ前年同月並み、客単価は0.9%増となった。飲食事業前年同月比では、売上高、客数は前年同月をやや下回ったものの客単価は2.9%増。アミューズメント事業前年同月比では、売上高5.3%増、客数は5.8%増、客単価は前年同月並みとなった。



店舗数は、飲食事業で「九州熱中屋大森2号店」「WINEHALL GLAMOUR 名駅」の2店舗を新規出店し、月末店舗数は221店舗、アミューズメント事業は出退店なく53店舗、国内の月末店舗数は274店舗となった。