ソルクシーズ<4284>は9日、同社の資本業務提携先であるエーアイ(本社:東京都文京区)が多言語音声合成エンジン提供において、欧州最大手のAcapela Group(本社:ベルギー)と協業契約を締結したと発表。



エーアイは、Acapela Groupより日本国内の独占販売権を獲得し、日本総代理店として34ヶ国語以上の多言語音声合成エンジンを提供していく。提供形態は、パッケージ製品、クラウドサービス、組込み製品などの形態で幅広く提供していく予定。



エーアイはこれまで、高品質音声合成エンジン「AITalk」を開発・提供しているが、外国語の音声合成エンジンに関するニーズがインバウンド対応を行っている企業などから高まっており、要望や問い合わせが年々増加していた。今回、高品質な多言語音声合成エンジンの提供を実現するため、欧州最大手の音声合成企業であるAcapela Groupとの協業に合意した。