銘柄名<コード>⇒14日終値⇒前日比



大興電子通信<8023> 635 +64

北朝鮮の制裁決議反発声明受け、サイバーセキュリティに関心向かう。



明豊エンター<8927> 257 -56

直近急騰も、決算控え利益確定の流れに。



ナノキャリア<4571> 655 +16

2剤封入型の高分子ミセルDDSが特許査定との発表で一時急伸も。



システム ディ<3804> 1200 +85

第3四半期決算を発表、進捗を好感。



ダイニック<3551> 284 +80

有機EL関連の中でも株価の値ごろ感が妙味となり。



鳥貴族<3193> 3075 +398

今期の大幅増益回復見通しが好感される。



石川製作所<6208> 2266 +197

北朝鮮の挑発が伝わり防衛関連として再度関心向かう。



Hamee<3134> 1892 +257

第1四半期の大幅増益決算が買い材料視される。



阿波製紙<3896> 845 +30

北朝鮮の挑発で防衛関連銘柄とともに買われる。



ベクトル<6058> 1495 +85

東海東京証券では新規に買い推奨としている。



鎌倉新書<6184> 1671 +133

14日第2四半期の決算発表予定となっている。



ルネサスイーストン<9995> 646 +41

通期業績予想上方修正で営業大幅増益見通しに。



PCDEPOT<7618> 869 +48

既存店減少率の縮小傾向などで買い戻しか。



保土谷化学工業<4112> 8210 +570

アップルの新製品発表会受けて有機EL関連の代表格として買われる。



シーイーシー<9692> 2605 +132

引き続き、いちよし証券の好評価などを受けて。



イワキ<8095> 479 +19

もみ合い上放れからの追随買いが継続。



ホシデン<6804> 1718 +65

下値の堅さを意識して買い戻し優勢となる。



アインHD<9627> 8250 +310

第1四半期の大幅増益決算が買い材料に。



豊和工業<6203> 941 +33

防衛関連の一角として短期資金が向かう。



クミアイ化学工業<4996> 692 +21

第3四半期の大幅増益決算を評価。



エイチーム<3662> 3030 +118

引き続き上振れ決算を評価する動きが優勢か。



東レ<3402> 1067.5 +33.0

モルガン・スタンレーMUFG証券では目標株価を引き上げ。



タツタ電線<5809> 869 +34

いちよし証券では目標株価を引き上げている。



シーアールイー<3458> 1356 -227

今期の大幅減益見通しがサプライズに。



チタン工業<4098> 362 -56

14日はリチウムウオン電池関連が総じて崩れる展開に。



モリテック<5986> 458 -62

電気自動車関連として買い進まれた反動安。



東洋精糖<2107> 124 -16

13日は後場から賑わう展開になったが。



安永<7271> 2880 -230

足元で人気化していたリチウムイオン電池関連として売り優勢。



カーリットHD<4275> 705 -52

リチウムイオン電池関連の出遅れとして13日に急伸。



GSIクレオス<8101> 204 -7

リチウムイオン電池関連の下落につれ安で。