<3991> ウォンテッドリー 4550 +700

ストップ高。17年8月期決算を発表している。営業利益は0.64億円(前期単体は1.20億円)となり、従来予想(0.05億円)を上回って着地した。18年8月期の通期業績については今年9月の上場時に発表したとおり、営業利益が同3.0倍の1.94億円に拡大する見通しとなっている。また、11月30日を基準日として1株につき2株の割合で株式分割を実施することも発表しており、好感した買いが向かった。



<3547> 串カツ田中 8570 +1500

ストップ高で上場来高値更新。1株につき3株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は11月30日。これに伴い株主優待基準も一部変更している。新基準による株主優待贈呈は18年11月期末のものからとなる。同時に発表した16年12月-17年8月期(第3四半期累計)決算は、営業利益が前年同期比29.4%増の2.77億円だった。17年11月期の通期業績については、営業利益で前期比23.3%増の3.90億円とする従来予想を据え置いている。



<3791> IGポート 2000 -28

売り先行も下げ渋る。17年6-8月期(第1四半期)決算を発表している。売上高が前年同期比67.4%増の21.00億円となる一方、営業損益は2.26億円の赤字(前年同期は1.01億円の黒字)に転換して着地した。映像制作事業で制作コストが増え、一部の作品について受注損失引当金を計上した。出版事業や版権事業も減収減益だった。18年5月期の通期業績については、営業利益で前期比8.0%増の5.61億円とする従来予想を据え置いている。



<6172> メタップス 3930 -245

一時3615円まで急落。17年8月期決算について、発表日を10月20日に変更すると発表している。従来は16日に発表を予定していた。発表延期を受けて一部で警戒ムードが広がり、売りがかさんだようだ。なお、同社が発表している17年8月期業績予想は、売上高が前期比2.0倍の180.00億円、営業損益が7.00億円の黒字(前期は3.10億円の赤字)転換の見込みとなっている。



<7980> 重松製作 1045 +150

ストップ高で年初来高値更新。米韓両海軍が10月16日に始める合同演習に北朝鮮が反発していると一部メディアが報じており、新興市場では重松製作や細火工<4274>といった防衛関連とされる銘柄に物色が向かった。報道によれば、朝鮮労働党機関紙の労働新聞が15日、「トランプ(米大統領)が核戦略資産(兵器)を南朝鮮(韓国)周辺に持ち込み、朝鮮半島情勢を戦争へと追い立てている」と非難したようだ。



<2706> ブロッコリー 536 -57

大幅続落で年初来安値更新。17年3-8月期(第2四半期累計)決算を発表している。営業利益は前年同期比76.7%減の0.85億円で着地した。第1四半期の赤字決算を第2四半期で取り返したが、上期としては大幅な減益となった。18年2月期の通期業績については、営業利益見通しを従来の8.00億円〜12.00億円から7.00億円〜9.00億円(前期は7.07億円)に修正している。第4四半期に売上・利益の上積みを図る。



<6047> Gunosy 3085 -225

大幅続落。17年6-8月期(第1四半期)決算を発表している。売上高は前年同期比43.6%増の24.13億円、営業利益は同69.8%増の4.16億円と大幅な増収増益で着地した。ただ、営業利益は4億円台後半との市場予想を下回り、本日は売り優勢の展開となった。決算説明資料によれば、当第1四半期は広告宣伝費を積極投下した。広告宣伝費を除く営業利益ベースは9.6億円と過去最高を更新したようだ。