銘柄名<コード>⇒15日終値⇒前日比



アクサスHD<3536> 127 -2

第1四半期決算は前年同期比2.1%の減益となり。



エイシアンスタ<8946> 188 +26

カジノ関連として物色。



チェンジ<3962> 8590 +740

経産省から事業受託と発表。



東光高岳<6617> 2071 +138

東京電力HD<9501>や、日産自<7201>などとサウジアラビアでEV実証事業実施。



北の達人<2930> 1674 +300

第3四半期好決算で想定以上の業績上方修正を好感へ。



エスケイジャパン<7608> 562 +80

想定以上の業績上方修正にインパクト。



ファーストブラザーズ<3454> 1594 +300

今期の大幅増益見通しをプラス視する。



ベクトル<6058> 1975 +324

9-11月期の増益率拡大を評価の動き。



パソナグループ<2168> 2556 +287

第2四半期の大幅増益決算を評価へ。



ヤマトインターナショナル<8127> 493 +43

第1四半期営業利益は上期計画を超過へ。



北興化学工業<4992> 795 +100

今11月期は2ケタの営業増益見通しに。



電通国際情報サービス<4812> 2821 +256

大和証券では最上級の投資判断に格上げ。



IDOM<7599> 821 +53

第3四半期は好決算で進捗率も高く。



タマホーム<1419> 995 +80

上半期決算の赤字縮小をプラス視する。



岡谷電機産業<6926> 692 +64

EV関連の一角として関心が向かう格好にも。



トーセイ<8923> 1349 +104

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価引き上げ。



大阪有機化学工業<4187> 1767 +100

引き続き好決算や自社株買いを好材料視。



水戸証券<8622> 462 +26

証券セクターは業種別上昇率のトップに。



コーナン商事<7516> 2595 +166

第3四半期の好決算発表を好感の動き。



インターネットイニシアティブ<3774> 2188 +91

大和証券では「2」から「1」に投資判断を格上げ。



サムティ<3244> 1947 +80

今期の増益や増配計画を好感へ。



ヒト・コミュニケーションズ<3654> 2473 -500

第1四半期の営業減益をマイナス視。



DDHD<3073> 4460 -1000

業績上方修正も市場予想未達で出尽くし感。



アルテック<9972> 388 -69

今期の大幅減益見通しを嫌気。



イワキ<8095> 478 -57

今期の営業2ケタ減益見通しを嫌気。



三栄建築設計<3228> 2416 -242

第1四半期の減益決算を嫌気。



いちご<2337> 420 -40

第3四半期の営業減益決算をマイナス視。



スター・マイカ<3230> 1691 -141

決算発表を受けて当面の出尽くし感が優勢に。



インターアクション<7725> 939 -97

上半期好決算もインパクトは限定的で。



日本海洋掘削<1606> 3090 -310

原油高背景に連日の上値追いとなっていたが。



プレナス<9945> 2205 -157

今期業績予想を下方修正している。



オンワードHD<8016> 900 -59

第3四半期決算にはサプライズなくいったん利食い売り優勢。



ライク<2462> 2115 -56

引き続き決算発表での出尽くし感が優勢に。



TOKYO BASE<3415> 4510 -240

SMBC日興証券では目標株価を引き下げ。



ビックカメラ<3048> 1670 -94

先週末は好決算を受けて上昇したが。



クリレスHD<3387> 1251 -67

先週末に発表の決算内容を嫌気する。



カーリットHD<4275> 1364 -21

11月高値更新で達成感も。



コスモエネHD<5021> 4700 -275

株価5000円到達で当面の達成感も。



カプコン<9697> 3890 -70

コロプラの株価下落が響く格好にも。



ネクステージ<3186> 881 -11

決算発表受けた買い一巡後は利食い優勢の展開続く。



三菱UFJ<8306> 888.8 +15.7

米国金融株の上昇が刺激となる。



ソフトバンクグループ<9984> 9223 +288

携帯会社の年内上場報道が伝わっている。